個人店こそチャンス。

ブログ内を検索

くうねるキッチンとして最後の定休日を迎えました。

昨日もたくさんのお客さんにお越しいただき感謝しております。

またお断りしてしまった方には大変申し訳なく思っています。

写真はランチに来てくれたお客さんからです。

尊敬していると書いてくれてありますが褒め過ぎです。でもありがとうございます。 

僕のやっている事は特別すごい料理ではありません。

料理の基本的な事をやっているだけなんです。お客さんの食べている笑顔をイメージしてですけど。

それだけでこんなに愛される店が出来たのはお客さんに恵まれているのだと思います。

僕の考え方なんですが、2ヶ月に一度食べに来ていただくお客さんを常連さん(リピーター)と言っていいと思います。

週に2、3回来てくれる方もいますし、仕事、家族、お住まいの場所等の都合などでなかなか来たくても来れない方っていっぱいいます。

お店ってそんな方達を数千人規模で集めなければいけません。

マークイズ静岡がオープンした時にドーナツ屋に並ばれた方も多かったと思いますが二度目に行かれた方ってほとんどいないですよね。

ウチの店も一度来てそれっきりって方はいっぱいいます。

転勤で静岡を出て行かれる方もいます。

それだけとんでもない数字を追い掛けているんですよね。

この前も書きましたが、無難路線のチェーンの店と違ってマニュアルにない良さを出せるのが個人店の強み。

お客さんに理解してもらえれば何をやっても良いのが魅力です。

店の大きさを間違えなければチャンスなんですよ。

これからの飲食は静岡に限らず20坪以上(客席数でいうと25席くらい)のお店って運営が難しくなります。(ちなみにくうねるキッチンは18坪。このくらいまでならなんとかなります。)

20坪をいつも満席にするだけのお客さんの数ってなかなか難しいです。

スタッフも3〜4人必要になります。スタッフが見つからないのがサービス業の現状。(家族の支えがあれば別ですが。)

もっと知りたければ直接聞きに来てもらえれば答えますが、食に関わっていると書かれているのでいつか独立を考えているのかも知れません。

参考までに書かせてもらいました。
話が外れましたが、最初の数年間はお客さんに来てもらえず腐りかけた自分がいましたが、それも良い思い出です。
この10年間僕に様々な事を学ばせてくれたくうねるキッチン。手放すのが寂しい…。

でも前に進みますよ。

疲労のピークを超えてますが、来週からしばくプー太郎です。今から店の引き渡しのための掃除、片付けを手際良くやりたいと思います。
残りの営業日は2.5日です。全力で取り組みます。


◼︎◼︎◼︎くうねるキッチンは2017年6月29日をもちまして閉店しました。
8月末より葵区人宿町1-1-10(北ワシントンホテルを北に50メートル右側)で相席スタイルの立ち飲み居酒屋をスタートします。
◼︎◼︎◼︎くうねる酒場ホームページは下記です。
http://coo-nel.com/

くうねる酒場Facebookページ